パリのメトロ トップ

パリ市交通公団(RATP)が運営する Métro(メトロ)の利用方法についてまとめたサイトです。 初めてパリ(フランス)を訪問する人にむけて、メトロの乗り方を解説します。

スポンサード リンク



メトロの切符を買う

切符 路線も距離も関係なく、パリ市内料金は均一です。1回の乗車につき1枚の切符で利用できます。改札の手前にある自動券売機、または窓口で購入できます。ただし、早朝など、窓口が開いていない場合もあります。 1枚ずつ購入する他に、10枚のセット(カルネ)を購入することもできます。
>続きを読む
 

乗り降りの流れ

乗り降りの流れ 切符を購入したら、自動改札を通ります。出場の際には切符の回収はありませんが、検札がまわってくることがあるので、入場した際の切符は降りるまでなくさないこと。切符がないと罰金を請求されます。
自動改札を通ったら、ホームへ向かいます。
>続きを読む


 

メトロの乗り換えの方法

乗り換えの方法 メトロの路線は全部で14あり、1~14の番号であらわされます。行き先方向は、常に終点の駅名で示されます。
実際に路線図を見ながら、一度乗り換えて、目的地を目指す方法を解説します。

>続きを読む


 

1〜14号線の沿線情報・全駅名と読み方・乗り換え接続

RER駅の路線案内版 パリでの滞在先や訪問目的地が決まったら、最寄りのメトロ駅の路線情報について、確認してみましょう。全駅 カタカナ表記あり。
1号線2号線3・ 3bis線4号線5号線6号線
7・7bis線8号線 9号線10号線11号線12号線
13号線14号線表の見方に関する注意
全線 終着駅名 一覧

 

防犯上の注意

防犯上の注意 必要以上に怖がることはありませんが、何らかの犯罪に遭遇してしまう人がいることも事実です。メトロで観光客が遭遇しやすいと言われるスリなどを回避する対策について考えます。
>続きを読む


 

メトロ利用のコツ

メトロ利用のコツ パリのメトロは、世界で最も分かりやすいメトロと言われています。直感的に理解しやすいので、基本的なルールさえ分かってしまえば、観光客にも難しくはないはずです。
メトロをよりスムーズに乗りこなすための、ちょっとしたコツをご紹介します。
>続きを読む

 

RERについて

RERについて パリにはメトロの他に、もうひとつ重要な交通機関「RER」(エール・ウー・エール)があります。フランス国鉄(SNCF)が運営する 高速郊外鉄道です。
>続きを読む
 

メトロの入口

メトロの入口 メトロの入口には、いくつかの種類があります。
中には、メトロ創設当時から残る芸術的なものもあります。
街歩きの際には注目してみましょう。
>続きを読む

 

スポンサード リンク





パリの美術館巡りをもっと充実させたいあなたへ

印象派オルセー、オランジュリー、マルモッタンなどの美術館やジヴェルニーへ行くご予定のある方や、「印象派」について知りたい方へ

印象派の画家が台頭していた頃のパリの様子や、彼らがどんな理念を持って活動していたか・・。 これを知ることで、日本でも頻繁に開かれる印象派に関連する美術展はもちろん、パリ旅行の際の美術館巡りも、いっそう楽しめるようになります。

企画セミナー「印象派 絵画の見方」を聞きにお越しください。
▷詳細はこちらから 現在募集中の西洋美術史セミナー「印象派 絵画の見方」  初心者の方も歓迎。どなたでも受講していただけます。
(2017年3月26日・日 午後〜  会場:渋谷)


▲このページのトップへ戻る



メインコンテンツ

各沿線情報と全駅名





運営者について

「パリのメトロ乗り方ガイド」は、メルシーパリ.ネット と同一の運営者が管理しています
▶︎運営者について(メルシーパリネット内のプロフ記事)

メルマガ
▶︎メルマガ登録(無料)

Facebookページへリンク メルシーパリFacebook
twitterアカウントへリンク Twitterアカウント
メルマガFanBlog 【西洋美術の楽しみ方】ルーヴルの魔女からの伝言



スポンサード リンク





▶︎海外WiFiレンタルなら、イモトのWiFi